www.thepostershow.com

ようやく投資すると時という場合には何よりも準備をおろそかにしてはいけません。トレードを始める前ならば起こる事を落ち着いて見ることが出来ます。しかしながら、一回市場の内側へ踏み込んでしまうと、どうやっても考え方が自分勝手なものになる場合があり重要な時に正しい状況がわからなくなる恐れが生じる。それゆえに自身の考え方が合理的なうちに、事前準備をしておくことが不可欠です。”準備”のためには、はじめは己のシナリオを書くことから開始します。明日からの投資状況はああだからユーロを売る(あるいは買う)みたいな、自分だけの脚本を書いていきます。次は相場をチェックしましょう。今までの為替レートの上下をチェックして、今の値段を確かめます。そうしたら、「今日は結構行き過ぎた水準になっている」「大多数の投資家が勝負している、これから慌てて売り(または買い)しても今はもう間に合わないな」ということが見えてくる。当然、売買するのが遅すぎるなと思ったならば、仕かけないで、そこはすっぱりと吹っ切ることが肝心。どう工夫しても自身の筋書きを引き下げないで、吹っ切らずに注文すると為替相場に押し返されて損をすることになります。とは言うものの多くの場面で事前に準備している自分なりの物語を描いているとすれば、取引が遅いという場面にはならないと考えます。たぶん、実際にマーケットが上げ下げする前の状況のはずです。その次に差し当たり自らが注文しようと検討している通貨ペアの上下動を、ちゃんと見る事が大切です。仮にドル高になると推測するストーリー展開を書いたのであればドルの変化に注目する事が大切です。外国為替相場の推移を確認し始めたときでは、その通貨は誰の眼にも明らかに変動する兆候を見せず、上や下に小さな変化をしているだけでしょう。ところが、その動きを正確に確認しているとある場面でゆっくりと、ドル高の方向へと外国為替市場が推移し始めます。ここで、ドル買いのトレードします。通常、これだけ念入りに事前の準備をやっておけばその売り買いで勝てる割合はぐっと高まります。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.thepostershow.com All Rights Reserved.