www.thepostershow.com

FXで投資する面白さは、単品の商品であるはずがお金を掛ける期間を短・中・長の中からどれを選択するのかで、投入の仕方がまったく変わる部分にあるのです。第一には外貨への投資の「長い時間をかけるスタンス」について見てみましょう。長期は、一年以上の長期出資を前提にしています。まず為替相場で一年以上後々の為替レートは円高なのか、円安かどうかを連想するということは、たいてい困難です。普通の人は、「そんなに後の将来のことは予想できない」と考えるのが本当のところかと思います。予言もできないことをなんとか予測しようにもそんなことは無理な行為なのです。そのことから、他国の貨幣を買い、買った時の価格よりも円高に変わったとしても、その分は少し経てば元に戻るだろうくらいの気持ちでやり取りに参加することが大切です。差益をがんばって追いかけることに限定せず、他の収益つまりスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で儲けるのを、一番最初の目的にして出資しましょう。当たり前ですが短期間で為替変動によるマイナスがすごく膨らんでしまうこともあります。そのことから、こういう場合のような損でも影響の少ないようレバレッジをできるだけ少なめで売買するのが必要です。FXは、差損が一定範囲以上に増えてしまうと、追加保証金(追い証)を払わなければならなくなったりまたは損切りがかけられたりします。ストップロスを置いたら即座に売り買いを清算することになり、長期取引ができなくなります。この手のリスクを抑えるにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にして売買するのが良いでしょう。2番目に中期を狙った売り買いを考えてみましょう。中期投資の場合長くても2ヶ月程度後を推測しての取引を行います。為替のトレードの際は、だいたい1ヶ月くらい後のことはおおかた、推測しやすいな場合が多いでしょう。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などの公式の集まりとか市場参加者が何をテーマに関心があるかを確認してみればおおよそ、想定できると思います。こうした経済の状況を見る一方チャートを確認することで、為替のレベルを理解する事ができ取引を見定めるべきです。基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニカルのどちらも良い方向でありあるいは買いが一致している時は、おおよそそのまま行くと思って差し支えありません。そうした時は保有高を増やすことでもっと多くのリターンをもらえるでしょう。最後は短期のトレードの重要点です。ここでの短期トレードというのは、言い換えればデイトレードのことを指しています。為替で日計り取引を行う場合経済の状態はまったく影響しないと思います。というのも翌日のレートの変化にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は関係がないからです。ここで、コツは大きい行事がある場合、そのために為替の相場が目立って動くタイミングを見落とさないようトレードしましょう。たとえば、米国にて雇用の情勢が公示されるはたまた金利政策などにより金利が変わるといったこと。こんな絶好の機会に変移を見過ごしてはいけないという理由で、短期のスタンスは多様な知識が欲しいところである。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.thepostershow.com All Rights Reserved.