www.thepostershow.com

自己破産の手続きをしてしまうと周囲にばれてしまったらもうそこにはいられない…といった具合に人に知れることが怖いと真剣に感じている読者も少し冷静になって頂きたいのですが、自己破産申請を行ってしまっても司法機関から勤め先などに電話がいくことはないので一般的な場合においては露見してしまうことはないと言えます。又は、一般的なケースでは自己破産というものの手続を行った後ならば借りたところから会社の同僚に催促の電話がかかるようなこともありません。ただ債務整理の手続きを裁判所に行うまでの時間は債権者から会社の同僚に書類が送られることもあり得ますゆえそのような経緯で気付かれてしまうといった不幸なことが考えられますし、月給の回収をされれば、同僚に知られるという結末になってしまうことは避けられません。これに類することに対する心配が尽きないのならば、司法書士ないしは弁護士などの専門家に自己破産申告の実行を任せてみることをひとまず考えてみるのがよいでしょう。弁護士などといった専門家に頼んでみるケースであれば、真っ先に全ての借入先に受任通知書が郵送されますが、こういった受任通知書が配達された以降は消費者ローンが借金を持つ人自身に対して返済の請求を実行することは禁止されておりますので部署の人間に発覚してしまうなどということもまず考える必要がありません。加えて、破産の申立てを理由に今の職場を退職しなければいけなくなるのか、ですが、役所の戸籍あるいは住民台帳に掲載されるということはまずありません故一般的なケースならば自分の同僚に気付かれてしまうといったことは考えられません。もし自己破産というものを申請したことが勤務先に知れ渡ってしまったからといって自己破産の手続きをしたからといって勤務先からお払い箱にするといったことは不可能ですし自主退職することも全くありません。ただ自己破産の申立てが自分の上司に明らかになってしまい居づらくなってしまい辞めてしまうことがままあるのも一方では事実と言えます。月収の仮押えにおいては、民事執行法内で差押禁止債権の内に賃金や給料といったものを制定されており、このような債権に関しては25パーセントという上限までしか差押えを許してはいないのです。つまりそれ以外の7割5分においては回収をするということは法律的にできません。また、民事執行法においては一般的な国民の最低ラインの経費を設定して政令で金額(33万円)を定めていますので、それを下回るならば2割5分だけしか押収できないように制度が作られています。ですから債務者がその金額以上の月収をもらっているならばそれ以上の所得について全部強制執行することが可能だと定められています。ただ破産に関する法律の改正によって弁済に対する免責許可の申立てがあり自己破産申立と同時に免責が決まる同時破産廃止といったものが確定し自己破産処理の妥結がなされていれば、免責が定まり確定するまで、破産を申請した人の私有財産などに対して強制執行・仮押え、仮処分の適用などが許されなくなるのでこれより先に行われている強制執行などに関してもストップされるように変更されたのです。加えて、借金の免責が決定ないしは確定をしたならばそれより以前にされていた差押えなどは実効性を失するのです。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.thepostershow.com All Rights Reserved.