www.thepostershow.com

ローンキャッシングした時、お金を返す時には利子を乗せた払いになるのは周知の事実です。銀行又は金融機関は経営の利益を目当てとした業者なのですから無論問題ありません。とはいえお金を返す方は、ちょっとでも少なく支払いたいというのが内心でしょう。利息制限法が適用される前は年30%近い利子を支払っていましたが、定められてからは高くても年間18%位とかなり低く設定されていますので、かなりリーズナブルになったはずです。現在のキャッシングの利息の幅は4%位から18%位の間が設けられていて、利用限度額により決められます。使用可能額は申込者の査定によって決定されます。総量制限により年収の1/3までと設けられていますので、年収がどれくらいあるのか?どんな仕事をしているのか?クレジットの使用履歴はどうなのか?見られ与信金額としてキャッシングの内容が決まることになります。カードローンの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各社で使用可能額は一様ではありません)と広い枠があります。そしてその間の中で定めた利用可能金額により金利も決まってしまいます。50万円なら年率18%、300万円なら12%、800万円なら年間4%といった感じになります。つまり、与信が高ければ、与信額も高くなり、利息も下がります。これに矛盾を感じるのは私だけでしょうか?余談になりますが、金融会社にとって、これらの事実は問題がない事なのかもしれませんが、年収の良い人がキャッシングローンが不可欠と思えませんし、万が一キャッシングサービスを利用したとしても利率がどうであると返済に困る事はないはずです。反って年の収入の少ない人は直ぐにお金が必要なので借りる方が大抵です。金利が高いと支払いに苦労するようになります。ですから可能範囲の少ない人にこそ低金利で活用できるようにする必要があるのではないでしょうか。この考えは使用するサイド側としての意見です。これらを踏まえて、利率を良くする為にはどうするべきかぼんやりと分ったのではないでしょうか。現実、このようにして申し込む人が大多数なので説明しますと、クレジットカードの申し込みをする時に、年の収入の1/3ぎりぎりの額まで申込みをするのです。年収450万円なら150万円。年収600万円なら200万円。年収900万円なら300万円で申込みのカードローン審査で全額通ればその分利息が安いカードを持参することができるはずです。とは言ってもMAXギリギリまで使わなければならないというわけではありません。15万円でも40万円でも必要な額だけ利用ができます。さらに最高利用範囲が300万円で最低利率7%位のローン業者もあります。その金融会社に申請すればその金融会社の最低金利で受ける事ができるようになります。どう思いましたか?見方次第で低利子のクレジットカードを手に入れることが出来るのです。自身の年の収入と金融業者の利率を比較し、調査に時間を割けば、より満足できる状態でお金の借入れができるため、きちんとチェックするようにする必要があります。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.thepostershow.com All Rights Reserved.