とにかくしつこいほど言っていますが

換金目的で電車等の乗車切符等を大量に購買してしまうこと:クレジットカードのキャッシュ化サービスというもの利用せずに、自分が現金化する目的でクレジットカードを使用する行為も同じです。

換金する方法を意図したカードの使い方であれば、契約内容違反と見做されることが理由です。

多量の列車等の乗車切符であったり切手を購入するにおけるカード使用は、最悪の場合現金化する目的か、というようにマークされてしまう恐れも考えられるため、十分な注意が必要なのです。

さらに言うと、利用時点においてキャシング利用可能額の方が上限になっているケースにおいては新幹線等の乗車切符等を決済することだけでもクレジット会社により電話が入るという場合があるため資金がない時の使用は出来ないようになるようです。

余裕が無い状況で考えることは多くの場合同様なのだろう。

カードの会社に対して問題な利用法をすること:以前に話題だった『永久不滅』のようにクレジットカードの発行会社に一つも利益になることのないような利用をするとカードの発行会社の判断によって強制没収となる話すらある。

インターネット上で話題となったクレジットポイントの不正入手のような多くの人には流通していない手段が存在していても、このような手段は利用規約違反なのであるからどんな理由があってもやってしまわないようにして頂きたい。

没収となってしまった個人情報については他のカード会社も知りうる→クレカを強制退会させられた場合でも、違う会社のクレジットであれば使用可能んだから、少しくらいは大丈夫でしょう??と思っいる方、情報社会にあっては信用を消失する可能性もあります。

というのもそもそも没収となる事態になると、クレジット発行会社によって閲覧可能な信用情報というものへそういった内容が記録されてしまうことにより、登録された人の信用力は急落する場合があるのです。

たったひとつでさえもクレジットカードを強制退会となってしまうと、以後カードまでも審査が厳しくなることもありますし、最悪の場合今使っているクレジットまで失効させられてしまう事例もなくはないでしょう。

強制退会とならずに継続して使用できる際でも使用期限切れ時に継続利用できなくなることもあります。

とにかくしつこいほど言っていますが、没収になる使用は何があってもされないよう規約を守ってご利用頂きたいと願っています。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.thepostershow.com All Rights Reserved.